原発ゼロの未来を目指して

原発ゼロの未来を目指して

かがやく新潟は池田千佳子さんを応援し、県内の原発再稼働に反対する断固たる姿勢を応援しています。原子力発電所では、主熱源である原子炉からエネルギーを生み出す。

大きな熱エネルギー源である反面、原発の運転には多くのリスクが伴う。福島第一原発事故以降、人々は原子力災害の恐怖に怯えて生きてきました。

新潟には世界最大級の柏崎刈羽原発があります。福島の事故後、2011年から稼働していません。しかし、中央政府やエネルギー企業は、コンビナートを活用して原子炉を稼働させるために、再稼働を求めています。

前知事は福島のトリプルメルトダウンの原因究明に向けて調査を開始したが、柏崎刈羽での再稼働には慎重な姿勢を示した。終止符を打ち、国民の福祉を最優先にすることを目標に不動の候補者です。

池田ちか子さんは、原発ゼロの新潟をつくることも含めて、世代を超えて安全・安心な未来を訴えます。

福島第一原発事故

2011年に発生した東日本大震災は、日本全国に多くの被害をもたらしましたが、福島県ほど大きな被害はありませんでした。マグニチュード9の地震は2011年3月11日午後2時46分に発生した。建物が崩れ、通りがひび割れただけでなく、太平洋の海は高さ15メートルの巨大な津波に反応した。津波は3階建ての建物を飲み込み、福島第一原子力発電所の壁を突き破り、電力供給と3基の原子炉の冷却を不能にした。

この結果、1986年のチェルノブイリ原発事故以来、世界最悪の原発事故となった。事故発生から3日間で3つの炉心がすべて溶け、危険なレベルの放射線が複合施設から漏れ出した。周辺地域の住民10万人が命や財産を捨てて避難した。

事故から9年経った今も、周辺の町はさびれ、避難してきた人たちは戻ることができません。彼らは他の場所で生活を続けるしかなかった。

柏崎・加治原発の再稼働に「ノー」を唱えよう

福島原発事故の真相解明に向けて調査が進められており、県は原発事故に関する3段階の検証を実施しています。福島の悲劇は誰にも予想できませんでしたが、二度と起こらないようにすることは可能です。

地域での議論が不可欠であり、県民の皆さんの力を借りて、皆さんの声に耳を傾けられるような明確なコミュニケーションを確立していきましょう。共に原発に終止符を打ち、未来の世代の安全を確保することができるのです。

怖がらずに生きよう かがやく新潟と一緒に原発ゼロを目指しましょう。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *