池田親子より個人アドレス

池田親子より個人アドレス

新潟県知事選挙に出馬した最初の女性池田千佳子です。 私は、22年間市議会で子どもの発達に携わってきた柏崎市で生まれ育った。

市議会のメンバーであり、行政スタッフのメンバーである私は、地域社会の喜びや懸念について知っています。 県内の問題に対する回答や解決策を提供することに真剣に取り組んでいます。

市議会では、高齢者の介護や環境問題など、国会での問題についてより深く理解できるように、介護管理者の資格を教えています。

また、大雨災害の際には、環境問題が社会や経済に大きな影響を与えることにも強く気づきました。 現代の解決策を考えて、大学でさらに勉強を終え、優等で卒業しました。

私はこれらの経験を私達の子供および孫への私の約束をするために使用する本当来る。

まず、原子力発電所ゼロの新潟を目指します。

私は、世界最大の原子力発電所がある地域で生まれました。 私は、かつてはアメリカのエネルギー源であった柏崎刈羽原子力発電所の近くで育った。 多くの人は、この国の全体的な発展に大きく貢献する、現地の雇用の大規模な源泉であると考えていました。

しかし、福島県の核事故の後、刈羽周辺の住民だけでなく、新潟県の住民も不安になっている。 2011 年に福島で起きた惨禍を繰り返してはいけない。

そのことを念頭に置いて、私は、核事故に関する三段階的な調査を厳密に進めています。 県はすでにこれを実施しており、調査が終了したら、新潟県の市民と結果を共有し、今後のステップについて慎重に議論したいと思います。

新潟市民は新潟で起こることについて決定すべきだと強く信じています。 また、原子力発電所ゼロを目指し、地域レベルでの取り組みを継続していきます。 原子力発電所が停止した後も新潟経済が維持されるよう、新たな検討会を設置します。

第二に、県内の豊かさを体感できる未来の世代を育てたいと考えています。

私の政治的なキャリアのほかに、私はまた私の夫とのタナダの農業ビジネスを動かす。 特に昨年の降雨で、土地が非常に泥だらけになったときは、米のテラスでの農業作業は困難です。 米の 3 分の 2 を自分で手作業でカットしなければならなかった。 私は時間があったが、収穫された米がいかにだったか !

私たちは農家を大切にしており、彼らの苦闘を真剣に受け止めています。 彼らは社会のバックボーンであり、地域としての改善を望むなら、食卓に食料を載せた人々を支援する必要がある。

また、現地の農業支援や海外展開支援に加え、林業・海洋製品の開発も行いたいと考えています。 地域経済の強力な実現には、地域生産や再生可能資源の発掘などの新しい産業を支援する必要があります。

第三に、私たちは、最も快適な県内に住むことを目指します。

新潟での快適な生活を追求するため、県内の女性の視点と感性を活用します。 そのため、子育て世帯の生活支援を強化し、「日本で一番の子育て支援」を実現します。

また、各地域の医療機関との連携を強化し、医療における地域間の格差を解消します。

第四に、教育と中立性の権利を保護します。

新潟県の奨学金制度を充実させ、より多くの方々に資格のある教育を提供します。 また、子どもの安全を確保するため、地方自治体との協力を深めていきます。 私たちは、各子供が大切にされる教育環境を維持することを最優先しています。

第五に、市民に近い都道府県になることを目指します。

市民は中央省庁の隠蔽と改竄の問題について質問をしている。 国民との信頼を確立するために、情報を開示し、参加者が意見を簡単に投稿したり、意見を述べたりできる対話の場を提供します。 市民の考えを活かした、ボトムアップの県相互交流を確立します。

概要

私は子供を育て、家事をし、農業をし、そして行政および議会で働くことによって住んでいる簡単な女性である。 新潟の皆さんにふさわしい環境を作り、みんなが一緒に輝きを与えていきたいと思います。

池田千佳子のプロフィール

新潟県の県知事選で最も有力な候補者の一つに、池田千佳子が今日、どのようにポジションを上げたかをご確認ください。

  • 1961 年-池田千佳子は柏崎中浜に生まれ、赤沢家の最初の子供。 彼女は1月に大雪の中で生まれた。
  • 1973 年柏崎市立大津小学校卒業。
  • 1976 年柏崎市第 3 中学校卒業。
  • 1979 年新潟県立柏崎常盤高校卒業。
  • 1981 年 – 学士号を取得し、現在メイラン短期大学である歯科学会歯科技術専門学校を卒業。
  • 1981 年 – 柏崎市役所で歯科衛生士として初めて採用されました。
  • 1985 年-千花子さんは昨年結婚し、 1985 年に長男に生まれました。 こうして柏崎市で妻と母としての生活を始めた。
  • 1987 年- 2 人目の子供、長女の娘に出産した。 1990 年頃から、チコは同僚との戦争のためのローカルゲームを始めました。 旧北条小学校は、最終競技のための研修場として使用された。
  • 1999 年-柏崎市の元気館がオープン 子供向けのパフォーマンスやイベントが開催される場所です。 2000 年より児童課の社員として児童行政に関わってきました。
  • 2001 年-千葉ポートアリーナで開催された全日本戦没者競技選手権でベスト 8 賞を受賞。
  • 2002 年 12 月、柏崎市議会選挙のための立候補要請に応じて、千佳子は市役所を退職した。

柏崎市議会

  • 2003 年-柏崎市議会選挙に初めて立候補し、「みらい柏崎」という新党を結成
  • 2004 年 – 「 CARE SUPPORT Specialist 」のタイトルを取得。 同理事会のメンバーとして、長期介護保険制度をよりよく理解する必要があると考えたため、正式にケアマネージャーになるために資格審査を受けた。
  • 2006 年 – 早稲田大学に入学し、人間環境科学部(通信システム)の人間科学部に留学。
  • 柏崎市は、2年連続して大雨で大雨に見舞われ、大きな被害を受けた。 地球環境の変化が地方自治体の運営や財政に大きな影響を与えることを認識し、議員や学生が環境について学ぶ「二足のワサビ」を取ることにした。
  • 2007 年-柏崎市議会で 2 度目の選挙で優勝。
  • 2009 年建設会社常任委員に就任。 同年、委員長に任命された。
  • 2010 年春、早稲田大学人間科学科卒業。
  • 2011 年 4 月、柏崎市議会選挙で別の言葉を取って、同年 5 月に柏崎市審議会副委員長に就任。

新潟県議会( 2015 年以降メンバー)

  • 2015 年 4 月 – 新潟県議会で初優勝。
  • 2018 年 5 月 – 新潟県知事候補になりました。

趣味

実行中

チカコは特にマラソンで走ります。 彼女は通常、毎年少なくとも 1 回はフルマラソンに参加しますが、フリータイムがないため、現在は練習できません。

フルマラソンでのベストタイムは2001年の福知山マラソンで3時間59分2秒だった。

2001年の柏崎ロードレースでは、30分1時間45分20秒のベストタイムを手にした。

戦争のタグ

チコーはスポーツに参加しています。 同僚たちと一緒に、戦争の国家的な戦いの大会に参加する地元のグループを結成しました。 2001 年には、千葉ポートアリーナで開催された全日本戦没者選手権大会で、彼女とそのグループはナショナルベスト 8 に選ばれました。

米の生産

農家の家族で育ったため、農家は近子の中心に近い。 彼女の 2 人の子供の 1 人は今農夫として働き、時々、彼女は水田で必要とされる仕事と助ける。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *