Office information

かがやく新潟の事業所を訪問

かがやく新潟の事業所を訪問

かがやく新潟は、市民の思いをつなぎ、女性がもっと輝ける道を創ることに力を入れている団体です。市民と野党が台頭する中、池田ちか子さんが新潟県知事選に立候補することになりました

当サイトは、「輝く新潟」と呼ばれる市民・野党・団体で構成される公式の「確認会」として運営されています。新潟県民のみならず、全国の市民の力を結集し、6月10日の選挙日まで全力で戦います! 原発ゼロの旗のもと、引き続きご支援とご指導をお願いします。

竹田ちか子さんの目標

新潟県知事選に女性として初めて出馬した池田千賀子さん。

市議会議員として、また長年行政職員として、地域の喜びや悩みを知り尽くしています。 県内で抱えている問題の答えと解決策を真剣に考えている。

原発ゼロの新潟をつくるために 

彼女は世界最大の原発がある地域に生まれた。地元の雇用を大量に生み出し、国全体の発展に大きく貢献すると多くの人が信じていました。

しかし、福島原発事故後、刈羽周辺の住民だけでなく、新潟県民全体が大きな不安を抱えていた。

新潟で起きたことは、新潟県民が決めるべきだ!」と固く信じています。さらに、原発ゼロという目標を達成するために、今後も地域レベルでの活動を続けていきます。

本県の豊かさを実感できる次世代を育てる。

農家を大切にし、彼らの闘いを真摯に受け止めています。彼らは私たちの社会のバックボーンであり、地域として向上していくためには、食卓を支える人たちを応援していかなければなりません。

一番住みやすい県にするために。

女性の視点や感性を県政に活かし、新潟の暮らしやすい県を追求していきます。そのために、子育て世帯の生活支援を充実させ、”日本一の子育て支援 “を実現します。

教育を受ける権利と中立性を守るために

新潟県の奨学金制度を充実させ、より多くの人が受ける権利のある教育を受けられるようにします。さらに、自治体との連携を深め、子どもの安全を確保します。子どもたち一人一人を大切にする教育環境の維持が最優先です。

市民に寄り添う県政を

中央省庁の隠蔽・改ざん問題に市民から疑問の声が上がっています。有権者との信頼関係を築くために、情報を公開し、参加者が投稿・意見を出しやすい対話の場を提供します。市民のアイデアを生かしたボトムアップ型の対話型県政を確立します。